これで安心!賃貸契約の知識集

見学のチェックポイント

これで安心!賃貸契約の知識集
マンションやアパートなどの賃貸集合住宅を選ぶ際、どうしても気になる条件は利便性です。
特に若い世代にとっては、利便性という条件を欠くことは難しいでしょう。
ですが不動産において一般的に、利便性が高い地域ほど、家賃の相場が高くなっています。
そこで賃貸住宅を探す際は、所得の1/3の家賃という目安に沿った住宅を選ぶようにしましょう。
またマンションなどを探す際、賃貸契約の前に見学に行くことになりますが、その時のチェックポイントについて確認しておきましょう。
まずはマンションの管理がしっかり行き届いているか、その状態をチェックしましょう。
マンションの管理には、共益費(管理費)という費用をすべての住人が毎月支払っています。
共益費をしっかりと支払っている以上、相応の管理をしてもらうのは当然です。
この管理を行っているのは管理会社です。
清掃などの業務は、清掃業者に委託していますが、その選択をしているのは管理会社です。
すなわち清掃などの管理をしっかりしているかどうかで、そのマンションの管理会社の姿勢が分かるというわけです。
同じく廊下やエレベーターなどもしっかりと確認しましょう。
これらの箇所の汚れや修繕などのがされていない場合は、お勧めできるマンションではありません。
また、マンションの見学で重要なチェックポイントは、住人についてです。
マンションなどの集合住宅では、さまざまな方が生活をしています。
人それぞれ生活サイクルがあり、誰しもが朝に起きて仕事や学校に行っているわけではありません。
特に都心部のマンションでは昼夜が逆転している生活をしている方も大勢暮らしています。
そうなると問題となるのが生活騒音です。
生活騒音とは、生活する上で自然に発生する騒音のことです。
この騒音はどうしても発生するため、根本的解決が難しいです。
さらに住人を確認するためのチェックポイントとして自転車置き場やゴミ捨て場といった共用部分の状態の確認です。
これらの箇所は汚れやすく、管理会社の姿勢だけでなく、住人がマンションをどのように使用しているか一目瞭然となります。
特にゴミ捨て場が常に散らかっているようであれば、管理状態よりも住人の質に問題があるといえます。
賃貸住宅とはいってある程度の期間生活を送る場所であるため、マンションの管理やその住人の質という要素は極めて重要なものとなります。
これらを含めてマンションを選ぶように心がけましょう。

おすすめ情報

Copyright 2017 これで安心!賃貸契約の知識集 All Rights Reserved.