これで安心!賃貸契約の知識集

家賃と予算

これで安心!賃貸契約の知識集
不景気が続く昨今ですが、少しは景気の回復が見え始めた傾向にあります。
とはいっても一般国民の生活が潤うまではまだまだかかりそうで、当分財布のひもを締めておくことは必須だといえるでしょう。
新社会人の方の中には、給与という所得をもらうことになったため、学生時代よりも贅沢をすることができるようになります。
ですが一人暮らしを賃貸住宅で始めるのであれば、ある程度倹約をする必要があります。
そのためマンションやアパートなどの住宅を選ぶ際は、やはり「家賃」という条件でしっかりと選択する必要があります。
一般的に家賃の相場は、地域によってまったく異なります。
同じ東京都でも中心地と周辺地域では大きな差があります。
社会人の方は特に利便性を追求し、都心に居住地を求める傾向にありますが、やはり家賃が高くては生活を維持することが困難となります。
家賃は相場で考えるのではなく、目安で考えましょう。
相場で考えると、どうしても同じ地域での家賃の比較となってしまうからです。
あくまでも目安で考えるようにしましょう。
家賃の目安と言われているのは「所得の1/3以下」です。
ここでのポイントは収入ではなく「所得」という点です。
収入は額面上のもので、所得とは実質的に労働によって得た金額を表します。
いわゆる手取りというものです。
この所得が例えば21万円であった場合、その1/3ということで家賃の目安は7万円以下となります。
さらに重要なのは、この家賃の目安には共益費(管理費)が含まれていることです。
例えば共益費が1万円であれば、家賃そのものは6万円という物件が目安ということです。
もちろんこの目安よりも高額な家賃を選んだ場合でも問題のないこともあります。
ですが親元で暮らしていた方は、実際に一人暮らしを始めると生活用品にお金が非常にかかることを知ることになるでしょう。
そのため目安よりも高額な家賃の住宅を選ぶと、後の生活が大変苦しいことになりやすいです。
できることであれば、この目安に沿った物件を選ぶようにしましょう。
東京都でもっとも家賃の相場が高いとされているのは港区で、次いで中央区、千代田区となっています。
新社会人がこれらの地域で探すというのは非常に難しいといえます。
電車で通勤することを考慮した利便性に基づいて賃貸住宅を探すようにしましょう。
高額な家賃以外にさまざまな支出がありますので、金銭感覚をしっかりと持って賃貸住宅を選びましょう。

Copyright 2017 これで安心!賃貸契約の知識集 All Rights Reserved.