これで安心!賃貸契約の知識集

重要事項説明の中身

これで安心!賃貸契約の知識集
賃貸契約の経験のある方ならご存知かと思いますが、契約の前に長い説明があります。
これは仲介役である不動産会社の宅地建物取引主任者による「重要事項説明」というものです。
重要事項説明は不動産会社に義務化されているもので、この説明によって賃貸契約の詳細を伝えます。
そして契約者は重要事項説明と各書類に記載されている内容にすべて合意したということで、記名押印を行います。
これによって賃貸契約は締結となります。
重要事項説明は、賃貸契約においてもっとも重要なものとなっていますので、その中身を知っておきましょう。
重要事項説明では、口上と書類によって説明が行われます。
この際の重要事項説明書に記載されている内容は難しいものが多く専門用語が頻繁に使用されているため、事前にコピーなどを入手しておきましょう。
聞いたその場だけで理解することは難しいので、必ず事前に内容の確認をしておきましょう。
重要事項説明書にはまず売買契約の対象となる物件の情報が記載されています。
「物件の所在」や「構造」「インフラ整備」「敷地・建物の状態」「共用部分」などとなっています。
一般的なマンションではよほど築年数が深くない限りこれらに問題はないでしょう。
続いて「契約の条件」についての項目が記載されています。
「売買契約の代金」「それ以外の費用」「契約の解除」などとなっています。
売買契約の代金とそれ以外の費用とは契約の前の手付金や申込金、賃料や共益費(管理費)などのことです。
それぞれの金額が記載されています。
そして契約の解除は契約違反による解約のことが記載されています。
契約違反によって解約扱いになる事項とその際の罰金や罰則などが記載されています。
また契約違反による「損害賠償の予定や違約金」という項目もあります。
そして「契約期間」と「更新の際の手続きおよび費用」などがあります。
通常の賃貸契約は2年間となっており、以降の契約は更新によってなされます。
この更新の際に、特別な手続きが必要な場合や「更新料」を支払う賃貸契約などもありますのでしっかりと確認をしておきましょう。
また賃貸住宅の「使用用途制限」という事項があり、又貸しや居住以外の使用方法に関して制限が設けられています。
このように賃貸契約の重要事項説明は、非常に重要な事項が多く記載されています。
これらの事項はすべてではありませんが、重要なものが多いです。
これらをしっかりと確認せずに契約を締結させても、後から契約を一方的に破棄することはできません。
また不動産会社を仲介して契約する際に重要事項説明が行われなかった場合は、問題のある不動産会社といえます。
このような場合は、その不動産会社と契約をしないようにしましょう。

おすすめ情報

Copyright 2017 これで安心!賃貸契約の知識集 All Rights Reserved.