これで安心!賃貸契約の知識集

退去時の手続き

これで安心!賃貸契約の知識集
マンションやアパートなどの賃貸住宅から退去をする際、引っ越しの手続きのみをすればよいというわけではありません。
入居時に賃貸契約という正式な契約を結んでいますので、退去時にも同じような手続きを行う必要があります。
このような退去時の手続きは、初めに管理会社や家主などに、早い段階で伝える必要があります。
まずは電話で連絡を入れ、退去時にしっかりと書面で契約の手続きを行いましょう。
賃貸住宅の中には、口頭のみで手続きを終えるというケースもあるようですが、入居時には書類で契約を交わしていますので、退去時も同じようにすることが大切です。
賃貸住宅を退去する際、遅くとも1カ月前に退去の通告を、家主や管理会社へ行います。
退去の1カ月前を切ると、日割り家賃などの負担金が発生しますので注意しましょう。
この通告の際は、電話で問題ありませんが、必ず賃貸契約の解約書類を送ってもらいましょう。
契約は口約束でも成立しますが、書類があるのとないのでは大違いです。
また、退去後にも関わらずその後の電気料金やガス料金などが引き落とされていたというケースもありますので、必ず契約の解約書類を取り寄せましょう。
そして退去の書類を作成し、大家もしくは管理会社の立ち会いのもと「明け渡し」となります。
この明け渡しとは、その住宅を出て行く日のことです。
一般的には明け渡し日よりも先に引っ越しをするので、新たに賃貸住宅へ出向くことになります。
また退去日とは引っ越し日のことです。
こうしてすべての手続きを終えて賃貸契約の解約となります。
ここで注意が必要なのは、賃貸契約の退去の際は「解約」となるということです。
賃貸契約における解約とは契約があり、その解約を行うことを意味します。
この解約に似た言葉が解除です。
解除とは、賃貸契約自体がなかったものとする手続きのことです。
一般に賃貸契約が締結しなかった場合に、解除という言葉を使用します。
賃貸契約が締結しなかったということは、契約自体が存在しなかったということだからです。
賃貸契約における退去は、早めにその旨を大家あるいは管理会社へ伝えておきましょう。
早い場合で3カ月前から退去の受付が行われています。
退去に関しては賃貸契約書に記載されていますので、しっかりと確認をしておきましょう。
また退去の事項にそぐわない場合は、何らかのペナルティが科せられることもありますので、必ず契約書の確認を行っておきましょう。

おすすめ情報

Copyright 2017 これで安心!賃貸契約の知識集 All Rights Reserved.